Github Flowを用いた開発手順

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

卒業制作のウェブアプリケーション開発にあたり、Github FlowというブランチモデルをもとにGitを使い始めました。

今回はその開発手順を備忘録としてまとめてみます。
まだまだ学習中のため間違いがあればその都度修正していこうと思います。

1.GithubへのSSH接続設定

Githubへの接続にはSSHを使用しています。

vi ~/.ssh/config
Host <alias>
User git
HostName github.com
IdentityFile ~/.ssh/id_rsa(githubに登録した公開鍵の対となる秘密鍵)
ssh -T <alias>(接続確認用)

2.リモートからローカルへリポジトリをコピー

自分以外のリポジトリの場合は、Github上でフォークを行ってからそれをクローンします。

git clone git@<alias>:<UserName>/xxx.git .

最後のピリオドは、フォルダを新規作成せずカレントディレクトリに展開します。
必要ない場合は、外します。

3.開発者情報他、Gitの設定

ユーザ名、メールアドレスの設定

git config --global user.name <name>
git config --global user.email <email>

ファストフォワードマージを無効化(マージコミットを作成)

git config --global merge.ff=false

プル(fetch+merge)で無駄なマージコミットを作らないようにするため

git config --global pull.ff=only

Gitで使うエディターをviへ変更

git config --global core.editor=vi

設定の確認

git config --list [--system / --global / --local]
–system:/etc/gitconfig
–global:~/.gitconfig
–local:./.git/config

4.ブランチの作成&切替

大きなタスクごとにブランチを作成します。

git branch <branch_name>
git checkout <branch_name>

もしくは

git checkout -b <branch_name>

5.作業開始&コミット

大きなタスクを達成するまでの小さなタスクごとにコミットを行います。

~~作業~~

終了後、

git add --all
git commit -m “comment”

+直前のコミットを取り消す

git reset --hard HEAD^

+変更したファイルをコミット時点に戻す(変更破棄)

git checkout <fileName>
git checkout . (カレントディレクトリから下の全てのファイル)

+新規ファイルおよび新規ディレクトリをコミット時点に戻す(削除)

git clean -fd(-f:ファイル -d:ディレクトリ -n:削除対象の確認)

6.プルリクエスト

git push origin <branch_name>

その後Githubでフォークしたリポジトリを開き、プルリクエストを作成

+プルリクエストがいらない場合(ローカル内でマージ)

git checkout master
(git pull origin master)
git merge <branch_name>
git push origin master

++コンフリクト発生時

→修正が容易な場合
~ファイルをパパっと修正~

git add --all
git merge --continue

→修正が困難な場合
マージを取り消し修正

git merge --abort

~修正~

7.ブランチの削除

git branch -d <branch_name>

4.ブランチの作成&切替(大きなタスクごと)に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ!

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »